労務管理

【社労士様向け勉強会】改正入管法と特定技能のポイント

テーマ

平成31年4月,入管法改正により,「特定技能」という新しい在留資格が創設されます。

これにより,これまで大きく制限されてきた就労目的での訪日が幅広い業種・業態で解禁されることになります。政府の発表によれば,今後5年間で,数十万人の外国人を受け入れることが見込まれています。

今回のセミナーでは,そもそも「特定技能」とはどのような在留資格なのか,そして,「特定技能」の在留資格で訪日した外国人の対して,社会保険労務士の皆様がどのようなサポートをすることができるのか,徹底解説いたします。

兵庫県以外の社会保険労務士の先生方にも,ご参加いただけます。

 

<講座予定内容のご紹介>

・入管法改正で何が変わる?

・業界別の活用方法とは?

・外国人特有の労務トラブルと解決法

・「登録支援機関」とは?

・外国人に対する差別とハラスメントを防ぐには?

 

入管法改正のポイントや特定技能の制度については,こちらのコラムで詳しく取り上げております。

ご一読いただければ幸いです。

 

<詳細はダイレクトメールもご覧ください(画像をクリック)>

セミナーのダイレクトメール

開催情報

日時:2019年4月25日(木)14時~16時

場所:三宮コンベンションセンター(最寄り:JR三ノ宮駅,阪神神戸三宮駅,阪急神戸三宮駅)
   神戸市中央区磯辺通2-2-10
   ワンノットトレーズビル5階

費用:2,000円(1名様あたり)
   ※顧問先の事務所様は,無料でご参加いただけます。

<お申し込み方法>

1 神戸支店 078-242-3041 まで直接お電話ください。
  (平日 9:30~18:00)

2 上掲のダイレクトメールを印刷していただき,FAXにてお申し込みください。

セミナー講師紹介

弁護士 石田優一
兵庫県弁護士会所属 68期 登録番号53402
情報処理安全確保支援士、応用情報技術者の資格を持つ若手弁護士。IT、IoT、営業秘密など、いつでもすぐに、最新の問題に対応するリーガルサービスを提供できるよう、5年先、10年先を読みながら、日々研鑽を積んでいる。

みおの関連サービス