弁護士法人 みお綜合法律事務所神戸支店

みお神⼾について

当事務所のご紹介

当事務所は、「弁護士法人みお」の大阪・京都に次ぐ新たな拠点として、2013年に開設しました。「みお」の名称は、水路の道しるべを意味する「澪標(みおつくし)」に由来しています。「法律の力で、あらゆる問題を解決に導く水先案内人」になりたいという思いを込めています。

みお神戸は、大阪からスタートした「弁護士法人みお」が20年以上の実績で培ってきた専門性とノウハウを活かしつつ、外国人雇用やベンチャービジネスのような地域性と時代のニーズを意識した新たな法務分野にも挑戦して、神戸の街を、そして、兵庫県を支える事務所を目指しています。

かかりつけ弁護士を目指して

みお神戸では、「かかりつけ弁護士を目指して」という理念を掲げています。「かかりつけ弁護士」とは、「かかりつけ医」のように、困ったこと、悩んでいることがあれば、気軽になんでも相談できる弁護士のことです。

私が小さい頃、病気になったときに、母親にいつも連れていかれる小児科がありました。病院嫌いの私にとって、この日は苦痛でしかありませんでしたが、それでも、優しく私のことを診察される主治医の先生の笑顔を見ると、いつも心が落ち着きました。今では遠い昔のこととなりましたが、それでも、当時のことは鮮明に覚えています。

弁護士となった今、子どもの頃に主治医の先生の笑顔に救われた私のように、みお神戸のサポートによって、1人でも多くの方に救いの手を差し伸べることができればと思っています。そのために必要なことは、「お客さまからの信頼」です。みお神戸は、「総合力」と「専門性」、そして、なによりもお客さまへの「共感」を大切にして、お客様からご満足をいただけるサービスを目指してまいります。

神戸の街への思い

神戸は、世界に開かれた国際都市であり、ベンチャー支援に力を入れるスタートアップ都市であり、阪神工業地帯に属する工業都市でもありながら、古くからの街並みや伝統が色濃く残る、特色のある街です。

みお神戸のある三宮から北に向かってぶらぶら歩くと、異国情緒を感じる北野異人館街にたどり着きます。そこから西にしばらく歩くと、かつての街の面影を残す平野商店街や東山商店街があります。湊川や新開地を超えてさらに南に進むと、古くから海外との貿易で発展した神戸港や、活気のある工場群にたどり着きます。

三宮からポートライナーに乗って南に向かうと、日本の最先端を担う理化学研究所のキャンパスや、スーパーコンピューター「富岳」が所在する計算科学研究センターがあります。

三宮から東に向かうと、灘五郷と呼ばれる酒どころがあり、古くから地域産業を支えてきた酒造メーカーが今でも残っています。

神戸の街を支える事務所となるためには、さまざまな文化や技術が共存する地域のニーズを受け入れて、幅広い法務分野に対応していくことが大切であると思っています。

弁護士が社会のためにできること

弁護士は、あらゆる法律問題の解決のために交渉や訴訟に携わることができる唯一の専門家です。「法律の力」を駆使して、ときには理不尽な相手に毅然と立ち向かい、ときには紛争をおさめて円満な解決に導きます。薬害肝炎(C型肝炎)事件やB型肝炎事件、アスベスト事件のように、弁護士の活動が国を動かす大きな原動力となることもあります。

みお神戸の弁護士としての活動が、社会貢献へとつながるように、お客さま1人ひとりのご意見に耳を傾けながら、幅広いニーズに対応していきたいと思っています。このような地道な活動が、神戸の街の活性化につながることを信じています。

みお綜合法律事務所神⼾⽀店

担当弁護⼠紹介

パートナー弁護⼠
弁護士・社会保険労務士
石田 優一Yuichi Ishida
  • 兵庫県弁護士会所属 68期
  • 登録番号:53402
  • 情報処理安全確保支援士
  • (登録情報セキュリティスペシャリスト,登録番号:002214)
  • 応用情報技術者
  • 社会保険労務士試験合格

⼈⽣に寄り添う法律サービスを。

⾝近な⼈に相談できない、相談しても答えが⾒つからない。そんな問題でお悩みなら、お気軽に、みお神⼾⽀店にご相談ください。私達は、何でも話せる⾝近な相談相⼿として、あなたのお話しに⽿を傾け、法律の⼒を使って全⼒で解決を図ります。
プロフィール
平成23年
京都大学法学部卒業
平成25年
京都大学法科大学院卒業
平成26年
新司法試験合格
平成28年
司法修習終了(新68期) 弁護士登録
当法律事務所入所
令和元年
社会保険労務士試験合格
令和2年
社会保険労務士登録
所属
人工知能学会·国内正会員
AI法研究会
執筆
「ケーススタディでわかるオンラインサービスのスタート法務」(中央経済社・2022年9月刊行)
共著「弁護士として知っておきたい中小企業法務の現在一企業の悩みから理解する」(第一法規·2021年)
季刊刑事弁護98号「外国人事件で取調べにおける通訳上の問題と文化の違いが争点となった事例」(現代人文社・2019年)
メディア・取材
日本テレビ「ZIP!」よみとくコーナー「パタニティハラスメント」(コメント出演)
Benesse「たまひよオンライン」(バタニティハラスメント・男性の育休について取材協力)
全国賃貸住宅新聞「メタップスペイメント、顧客情報流出」(専門家として取材協力)
講演歷
「外国人雇用における労務管理と特定技能制度の基礎知識」(中国フロンティアSS研究会)
「ハマキョウレックス事件・長澤運輸事件」(京都府社会保険労務士会下支部)
「人財定着を実現するための長時間労働対策」(滋賀県社会保険労務士会湖南支部)ほか
⼤阪・神⼾兼務
弁護士
倉⽥ 壮介Sousuke Kurata
  • 大阪弁護士会所属 63期
  • 登録番号:43481

弁護士を活用して、次のステップに進んで欲しい。

取り組んだ事件が解決し、依頼者から「ありがとう」のひとことをいただけたときや、「これからもがんばって」と励まされたときなどに、弁護士としてこの上ない喜びと達成感を感じることができています。それでも、現状に満足することなく、もっと人の力になりたい。もっとたくさんの人に喜んでもらいたい。
プロフィール
平成09年
大阪星光学院高等学校卒業
平成17年
大阪大学卒業
平成21年
同志社大学法科大学院卒業
新司法試験合格
平成22年
司法修習修了(新63期)
弁護士登録
当法律事務所入所
趣味
音楽鑑賞、楽器演奏(ベース)、サッカー、読書
セミナー・講演実績
大阪府 富田林市役所職員向け『債権管理・回収対策研修』
平成29年
有期契約労働者の円滑な無期転換対応実務
場所:弁護士法人みお綜合法律事務所 大阪事務所
「ハマキョウレックス事件・長澤運輸事件」(社労士会様研修)
「債権回収」(地方公共団体研修)
「問題社員対策」(一般企業向研修)
「有期契約労働者の円滑な無期転換対応実務」(社労士様向研修)
「休職・復職」(社労士様向研修) 等

業務案内

大きなトラブルになってしまう前に、お困りごとをご相談ください。
お客さまにとってのベストな解決方法を、弁護士がご提案いたします。

暮らしの
サポート

詳しくはこちら
暮らしの中で直面する揉めごとやトラブルを法の力でひもときます。
取扱分野
借金問題
離婚・男女トラブル
交通事故
遺産相続・遺言
刑事事件の弁護
など

働く人の
サポート

詳しくはこちら
働く人が抱えるトラブルの解決に向けて全力でサポートします。
取扱分野
残業代未払い問題
不当解雇
パワハラ・マタハラ
コロナをめぐるトラブル
フリーランスのトラブル
など

ビジネスの
サポート

詳しくはこちら
新規ビジネスの支援をはじめ企業のニーズに幅広く対応しています。
取扱分野
労務管理
個人情報
営業秘密
知財管理
会社・法人破産
など

⽯⽥弁護⼠ ⽯⽥弁護⼠
神⼾・兵庫ぶらり探訪

みお神戸の弁護士である石田が、神戸や兵庫のまちで見つけた「気になること」。
皆さまの暮らしやビジネスに役立つ(かもしれない)ことを記事にしていきます。
2022.11.23
神戸市
須磨離宮公園に行ってきました
2022.11.20
神戸市
新神戸駅から森林植物園・谷上駅まで歩きました
2022.11.06
淡路市
淡路島の絶景温泉と岩屋商店街に行ってきました
2022.11.02
神戸市
神戸市営地下鉄西神山手線を歩いてみました(山手編)
2022.10.27
神戸市
神戸市営地下鉄西神山手線を歩いてみました(西神編)
2022.08.04
神戸市
神戸市営地下鉄海岸線を歩いてみました

ケーススタディ

暮らしやビジネスの法律トラブルを題材に、弁護士が解決策を提案します
終活のサポート
遺贈寄付(公益団体に遺産を寄付する方法)について弁護士が解説
詳しくはこちら
交通事故の問題
交通事故で高次脳機能障害の診断を受けた場合の損害賠償
詳しくはこちら
一覧はこちら

みお神戸の法律コラム

法律にまつわる最新情報や気になる話題を、神戸の弁護士がわかりやすく解説します。気軽にのぞいてみてください。
離婚・夫婦のトラブル
子どもとの面会交流について弁護士が解説
コラムを見る
離婚・夫婦のトラブル
離婚後の共同親権について弁護士が解説
コラムを見る
一覧はこちら
みお綜合法律事務所 みお綜合法律事務所